Himachal View theme

Archive for the '未分類' Category

6月 11 2014

すぐに廃れてしまった非熱式脱毛、オゾン脱毛とは?

Published by under 未分類

世の中には様々な脱毛法がありますが、
産まれてすぐに廃れてしまった脱毛法もあります。
非熱式脱毛、オゾン脱毛と呼ばれるものです。
2006年頃あらわれましたが、2007年には廃れてしまったという
寿命の短い脱毛。
どんな脱毛方法だったのでしょうか。

手順は、単純。
抑毛効果のある専用のジェル、ローションを塗り、
オゾン、特殊な光を照射するというもの。
オゾンにより、毛穴が開き、
ジェル、ローションが毛乳頭に浸透します。
これを繰り返すことで、
毛乳頭の働きも弱まり、
毛が細く、薄く、生えにくくなっていくわけです。

痛みがない、やけどの恐れがない、
日焼けの肌でも可能、
産毛や薄い毛なども可能、
値段が安い
などのメリットがあったので、
出てきた当時は人気がありました。
なぜ廃れてしまったんでしょう。

効果がないと感じる人がたくさんいたからです。
当時の口コミではたくさん不満がかかれていたようです。
いくら安くて痛みがないといっても、
効果がないのではまったく意味がないです。
ジェルやローションを塗っているだけになっちゃいますからね。

ただ、本当は、効果がまったくないわけでなく、
効果がでるまでに
時間がかかる方法だったのかもしれません。
フラッシュ脱毛なんかは、
施術してもらい、少し経てば、毛が抜け落ちます。
はやい段階で目に見える形で、結果が出てくれるものです。

それに対して非熱式脱毛、オゾン脱毛は、
ちょっとやったくらいでは、
目に見えた変化は起こらないもの。
人間は、目先の欲というか、
即効性を求めてしまいます。
すぐ結果が出ないから
ダメだと判断されちゃった可能性もあるでしょう。
長い目でみれば、もっと評価されていたのかもしれません。

とはゆうものの新しい脱毛に、
飛びつくのは、やはり要注意。
非熱式脱毛をやっていたエステは、
つぶれてしまったところもありました。
効果や安全性の問題もありますが、
お金を払って、つぶれてもらっては丸損です。
今脱毛するなら、
すでに定番になっている方法を選びたいところです。

岐阜県の脱毛したい女子向けページ

No responses yet

2月 08 2014

レーザー脱毛にせよ電気脱毛にせよ、気になるところは身体への影響だと思います。

Published by under 未分類

レーザーと言う事で光の種類によっては身体への影響を案ずる方もいらっしゃることでしょう。例えばレーザーの光を一種の放射能だと捉えている方もいるようです。
これはNOです。
放射線の一種のようなものだというのは、同じ電磁波に属するものだということだと思います。しかし、電磁波は波長によって様々な分類がされています。波長の長い方から電波・光・X線・ガンマ線などと呼ばれていてレーザーもこの中に含まれていますから普通の光と同じものです。
普通の光と放射線との違いは、波長の長さで脱毛用のレーザーは800nmぐらい、放射線の波長は、その一万分の一よりもっと短いものになります。ですから、放射線のように体内を通過して、体の深部に影響を与える事は考えがたいです。
しかし、施術をするエステサロンなどによっては肌が焼けたりして後が残るような場合もないとは言い切れません。やはりレーザー脱毛によるトラブルと言うのは、照射部分の皮膚の炎症やヤケド、色素沈着などです。信頼のおけるところで施術をしてもらうことは言うまでもありません。

永久脱毛をする上で躊躇する理由の第一位は「痛みに対する不安」です。医療機関やエスティックサロンなどでの脱毛に踏み切れないという方に、その理由を尋ねてみますと、「痛そうで怖い」という回答が多く寄せられます。
以前、主流だった電気脱毛はわきの脱毛で最低でも20万位。痛みは結構
なものと痛みを恐れられています。それに比べレーザー脱毛は、痛みは少ないとよく言われます。
実際の声としては、「輪ゴムでパチッとはじかれるような感じ」とか「少しチクッとくる程度」とか「温かさを感じる程度」という表現がなされています。
なかには、「まったく痛みは感じなかった」という声もあります。
ただ痛みの感じ方と言うのは人それぞれです。しかしレーザー脱毛を体験されて方で「耐えられないほどの痛みを感じた」という方はほとんどいないと言う事から我慢できない痛さではないと思われます。
しかし毛の濃さによっても痛みは変わってきます。
また、治療の進行に伴い細い毛が残ってきます。この細い毛の処理は、どうしてもレーザーの出力を上げて処理します。この場合の痛みは強くなるようです。このような情況はヒザ下の治療に良く起こります。
医療機関やエスティックサロンによっては、麻酔テープや麻酔クリームを使った表面麻酔で、痛みを和らげる処置もあります。

No responses yet

9月 11 2013

ワキ毛とフェロモン

Published by under 未分類

以前某番組で、ワキ毛はフェロモンを拡散させる役割があると専門家が言っていました。

ワキ毛を処理してしまうとフェロモンが減少してモテなくなってしまうとか…

フェロモンはワキから分泌され、そのフェロモンを飛ばすのがワキ毛の役目だそうです。

実際、ワキ毛をきれいに処理した美人より

脱毛処理が甘い普通な子の方がモテたという話を聞いたこともあります。

 

ワキ毛は思春期を迎える頃から生え始めます。

このことからも、ワキ毛と性フェロモンとの関係が伺えます。

 

ですが、女性のムダ毛に引いたことのある男性の意見を見てみると

圧倒的にワキ毛に嫌悪感を示す男性が多いようです。

女性のワキ毛は、同性の目から見てもあまりいいものではないですよね。

目に見えないフェロモンよりツルツルなワキのほうが女子力も上がる気がします。

→大阪の脱毛

No responses yet

9月 11 2013

脱毛に適した季節は?

Published by under 未分類

肌を露出する機会の多い夏ですが

夏が来る前に脱毛を終わらせられたら一番理想的ですよね。

 

脱毛は一回行って終わりではなく、数回通わなければ効果を実感できません。

つまり夏から始めても遅いのです。

一番適しているのは秋で、実際秋ごろから脱毛を受ける女性が多いそうです。

個人差はありますが

秋から脱毛を始めれば、次の夏までにはだいぶムダ毛も薄くなっているはずです。

 

また、秋から冬にかけては紫外線が弱くなるので

脱毛後の肌への負担が春夏に比べて少ないことも良い点です。

 

他にも、現在主流となっているミュゼプラチナムのような脱毛エステで行われている光脱毛はムダ毛を数ミリ残してある状態でないとできません。

夏の肌を露出する季節にムダ毛を残しておくのは気になりますよね。

秋になれば露出も抑えられるので、そんな心配もいりません。

 

No responses yet

9月 11 2013

紫外線とムダ毛の関係

Published by under 未分類

紫外線を浴びることでムダ毛が濃くなってしまう事もあるようです。

 

紫外線を浴びると肌はダメージを受けて、シミやシワなどの原因になります。

また、コラーゲンが破壊されることによって肌が乾燥してしまいます。

体はその様な悪影響から肌を守るために、

紫外線を浴びると毛を濃く太くしようと働きかけるのです。

 

ですので、日焼け止めを塗ったり日傘を挿すなどの紫外線対策や

紫外線を浴びてしまった後の保湿ケアも、ムダ毛を抑えるためには重要なのです。

 

そして、脱毛後はより紫外線に気をつけなくてはならないということになります。

ムダ毛がなくなった分、肌が紫外線の影響を受けやすくなったと言えるので

脱毛後は徹底した紫外線対策を心がけましょう。

 

No responses yet

タグ

検索