Himachal View theme

すぐに廃れてしまった非熱式脱毛、オゾン脱毛とは?

世の中には様々な脱毛法がありますが、
産まれてすぐに廃れてしまった脱毛法もあります。
非熱式脱毛、オゾン脱毛と呼ばれるものです。
2006年頃あらわれましたが、2007年には廃れてしまったという
寿命の短い脱毛。
どんな脱毛方法だったのでしょうか。

手順は、単純。
抑毛効果のある専用のジェル、ローションを塗り、
オゾン、特殊な光を照射するというもの。
オゾンにより、毛穴が開き、
ジェル、ローションが毛乳頭に浸透します。
これを繰り返すことで、
毛乳頭の働きも弱まり、
毛が細く、薄く、生えにくくなっていくわけです。

痛みがない、やけどの恐れがない、
日焼けの肌でも可能、
産毛や薄い毛なども可能、
値段が安い
などのメリットがあったので、
出てきた当時は人気がありました。
なぜ廃れてしまったんでしょう。

効果がないと感じる人がたくさんいたからです。
当時の口コミではたくさん不満がかかれていたようです。
いくら安くて痛みがないといっても、
効果がないのではまったく意味がないです。
ジェルやローションを塗っているだけになっちゃいますからね。

ただ、本当は、効果がまったくないわけでなく、
効果がでるまでに
時間がかかる方法だったのかもしれません。
フラッシュ脱毛なんかは、
施術してもらい、少し経てば、毛が抜け落ちます。
はやい段階で目に見える形で、結果が出てくれるものです。

それに対して非熱式脱毛、オゾン脱毛は、
ちょっとやったくらいでは、
目に見えた変化は起こらないもの。
人間は、目先の欲というか、
即効性を求めてしまいます。
すぐ結果が出ないから
ダメだと判断されちゃった可能性もあるでしょう。
長い目でみれば、もっと評価されていたのかもしれません。

とはゆうものの新しい脱毛に、
飛びつくのは、やはり要注意。
非熱式脱毛をやっていたエステは、
つぶれてしまったところもありました。
効果や安全性の問題もありますが、
お金を払って、つぶれてもらっては丸損です。
今脱毛するなら、
すでに定番になっている方法を選びたいところです。

岐阜県の脱毛したい女子向けページ

6月112014

Published by at 10:24 AM under 未分類

タグ

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply

検索